読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に失敗しない美肌マニュアル

30代子育てママがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

なんとなーく弾力のある素肌ケアの要点を調べてみました。

タンパク質の一種であるコラーゲンという物質は伸縮性のある繊維状の組織であって細胞と細胞の間を密につなぐ機能を持ちますし、優れた保水力を持つヒアルロン酸はコラーゲン繊維の間に存在することにより、水分の蒸発を防止する役割をします。

アトピーの治療の際に使われることも多い高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドを配合して作られたセラミド入り化粧水は保湿する効果が高く、肌ダメージの要因から肌をしっかりガードするバリア機能を強いものにしてくれます。

セラミドを食べ物とか健康補助食品サプリメントなどの内部からと、基礎化粧品などの外部から身体に摂取することを続けることで、上手く健康な肌へと向けることができるのだと思われています。

本当ならば、ヒアルロン酸の優れた効果を実感するためには1日量で200mg以上常飲することがお勧めではあるのですが、ヒアルロン酸を含む食品や食材は極端に少なく、普通の食生活を通して体内に取り入れるのは難しいことだと思います。

美容的な効果をターゲットとして使用されるヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果をアピールした化粧水のような基礎化粧品や美容サプリメントに有効に活用されたり、危険性が少ない物質なのでヒアルロン注射という治療法にもよく用いられています。

顔を洗った後は時間をおくと化粧水の肌への吸収度合いは減少します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも肌が乾いた状態になるので、早急に保湿成分のたっぷり入った化粧水を使うようにしないと潤いが失われてしまいます。

開いてしまった毛穴のケア方法を質問してみた結果、「引き締め効果の高い化粧水などで肌理を整えてケアするようにしている」など、化粧水をメインにしてケアを行っている女性は全ての回答者の2.5割前後にとどまってしまいました。

丁寧に保湿をして肌コンディションを健康なものにすることで、紫外線の吸収を最小限に抑え、乾燥から生じる色々な肌問題や、この他にはニキビの炎症が肌に残った跡が黒ずんだ色素沈着の引き金となることを事前に抑止してくれることも可能です。

老化前の健やかな状態の皮膚にはセラミドが多量に含まれているため、肌も水分たっぷりでしっとりとした感触です。ところが、年齢に伴ってセラミドの含有量は低下します。

コラーゲンという成分はタンパク質の一つになり、多種類のアミノ酸が結びついて作られている物質のことです。人の体内のタンパク質のうち3割強がこのコラーゲンという物質で作られています。