読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に失敗しない美肌マニュアル

30代子育てママがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

本日も、マイナス5歳肌を作るケアの要点を綴ってみる。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に最大で、30代から急速に減少速度が加速し、40代を過ぎると赤ちゃんの時期と対比すると、約50%にまで減り、60代を過ぎる頃には本当に少なくなってしまいます。

コラーゲンという化合物は伸縮性に富む繊維性タンパク質の一種で細胞をしっかりとつなぎとめる役目を果たしますし、ヒアルロン酸という化合物は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分の蒸発を予防します。

1gで6リッターの水分を保てる能力があるヒアルロン酸は、皮膚だけでなく広範囲に及ぶ部分に幅広く分布しており、皮膚の中では真皮と言う部分に多く含まれている性質を示します。

コラーゲン不足になると肌表面は肌荒れといったトラブルが起こったり、血管内細胞が剥がれ落ちて出血を起こしてしまう事例もよくあります。健康な生活を送るためには必須のものと言えるのです。

注目の美容成分セラミドにはメラニンの産生を防御し、日焼けによるシミやそばかすを防御する美白作用と皮膚の保湿を行うことで、乾燥肌や小じわ、肌荒れのような憂鬱な肌トラブルを解消する美肌作用があります。

セラミドという物質は、肌のターンオーバーとともに作り出される“細胞間脂質”のことで、3%程度の水分を取り込み、角質の細胞を接着剤のような役割をして結びつける重要な働きを担っているのです。

セラミドについては人間の肌表面にて外側からのストレスを抑える防波堤の様な機能を持っていて、角質層のバリア機能という働きをする皮膚の角層のとても重要な成分をいいます。

キレイを維持するためには手放せない存在のプラセンタ。安定的な供給が可能になった現在は化粧品や健康食品などいろんな品目に添加されています。ニキビやシミの改善や美白など色々な効果が現在とても期待されている有用な成分です。

保水力の高いヒアルロン酸はコラーゲンとエラスチンによって構築されたネットワークを満たすようにその存在があって、水分を抱え込む作用により、豊かに潤ったハリやつやのある肌へ導いてくれるのです。

プラセンタという言葉は英訳で胎盤を示すものです。化粧品や美容サプリメントでこの頃よくプラセンタを配合したなど目に入ることがありますが、このプラセンタとは胎盤という器官そのもののことを示しているのではないのです。