読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に失敗しない美肌マニュアル

30代子育てママがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

ダラダラしてますが美肌を保つ対策の要点を綴ってみました。

化粧水が担う重要な機能は、水分を浸透させることと思う人も多いですが、それ以上に、肌自体の自然な力がちゃんと活かされるように、肌の表層の環境をメンテナンスすることです。

アトピーの治療の際に使われることも多い高い安全性を持つ保湿成分セラミド。このセラミドを配合して作られたセラミド入り化粧水は保湿する効果が高く、肌ダメージの要因から肌をしっかりガードするバリア機能を強いものにしてくれます。

セラミドは肌の潤いに代表される保湿性能のアップや、肌の水分が出て行ってしまうのを確実に押さえたり、周りからのストレスとか細菌などの侵入を防御したりする作用をしてくれます。

専門家の人の言葉として「化粧水をちまちまと使っても効果はない」「リッチにたっぷりと使用したいもの」と言われることが多いですね。確かな事実として化粧水の使用量は足りなめの量よりたっぷりの方がいい状態を作り出せます。

保水力の高いヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって作られた骨組みの間を満たすような状態で広い範囲にわたり存在して、水を抱えることにより、たっぷりと潤いに満ちたピンとハリのある肌に整えてくれるのです。

老化が原因となるヒアルロン酸保有量の低下は、肌の潤いを大きく低下させるのみならず、肌全体のハリもダウンさせダメージを受けやすい乾燥肌やシミ、しわが現れる一番の原因 になる恐れがあります。

「美容液は価格が高いものだからたっぷりとは塗布しない」という声も聞きますが、肌にたっぷり与えるための美容液を出し惜しみするなら、最初から化粧品自体を購入しないことを選んだ方が賢明かもとさえ思ってしまいます。

気をつけなければならないのは「面倒だからと汗が吹き出したままの状態で、特に何もしないまま化粧水を塗ってしまわない」ということなのです。ベタベタした汗と化粧水が混合されると肌に予想外のダメージを与えかねないのです。

化粧水を塗布する時に「手で押し込む」派と「コットンを使いたい」派に分かれるのはよく聞く話ですが、実のところは個々のメーカーが一番推奨しているふさわしいやり方で利用することをとりあえずはお勧めします。

女の人は普通朝晩の化粧水をどんなやり方で使うことが多いのでしょうか?「直接手で肌になじませる」などと答えた方が大多数という調査結果となり、「コットンを使う派」は少数でした。