読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶対に失敗しない美肌マニュアル

30代子育てママがいつまでも若々しさを保つために色々調べた美容情報を書いています。

知っとく!弾力のある素肌ケアを書いてみます

セラミドは皮膚の角質層において、細胞同士の間でまるでスポンジのような役割で水と油を保持している細胞間脂質の一種です。肌や髪の毛の美しさを維持するために必要不可欠な役割を果たしています。

多くの市場に出回っている美肌効果のある化粧品や健康食品・サプリに入っているプラセンタは馬や豚が由来のものが主流になっています。安全性の高さの面から他の動物由来のものと比較して、馬や豚が原料になっているものが現在のところ一番安全に使えるものだと思います。

「美容液」と単純にいっても、多彩なものが存在していて、単純に一言で説明してしまうのは少々難しいのですが、「化粧水と比較するとより多く効果の得られる成分が含有されている」とのニュアンス と近い感じだと思われます。

美容液というのは基礎化粧品中のひとつであって、洗顔の後に、失われた水分を化粧水で行き渡らせた後の肌に塗るのが通常の使い方でしょう。乳液状の製品形態となっているものやジェル状の製品形態となっているものなど多様な種類が存在します。

保湿の重要ポイントは角質層の水分量に他なりません。保湿成分がたっぷりと加えられた化粧水で角質層を潤いで満たし、補った水分量が失われないように、乳液やクリームなどを使って最後にふたをしましょう。

水分保持能力の高いヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンによって作り上げられたネットワークの間を充填するように広い範囲にわたり存在して、水分を維持する機能によりみずみずしいハリや弾力のある肌を与えてくれるのです。

保水力のあるヒアルロン酸はコラーゲン&エラスチンにより作られたネット構造を埋めるようにその存在があって、水を抱え込む働きによって、みずみずしく潤いに満ちた若々しいハリのある肌にしてくれます。

コラーゲンという化合物はタンパク質の一つであり、幾種類ものアミノ酸がくっついて出来上がっている化合物を指します。生体を構成するタンパク質のうち3割強がこのコラーゲンによって作られています。

セラミドを食品・食材やサプリメントなどの内部からと、美容液などの外部から身体に取り入れることで、上手く健全な肌へと導くということが可能であろうとのコメントもあります。

皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質で形成された薄い角質層が覆うように存在しています。この角質層を構成する角質細胞の隙間を満たしているのが「セラミド」といわれている生体内脂質の一つです。